コスペディアウィッグの評判と購入本音レビュー

美容師がセットしたキャラウィッグを販売しているコスペディアウィッグは、コスプレ初心者に人気のウィッグ販売通販サイトです。

セット済みのウィッグが自宅に届くので、ウィッグセットが苦手なコスプレイヤーは自分でセットする手間がかからずクオリティの高いコスプレができるので非常に助かります。

今回、コスペディアウィッグを利用する機会がありましたので購入本音レビューを書きます。

スポンサーリンク

コスペディアウィッグを実際に注文しました!

注文して2日程度でウィッグが自宅に到着しました。早い!

今回私が注文したのはFree! 鴫野貴澄風のピンク色のショートウィッグです。

コスペディア_1

外箱は無地の段ボールで、品名は「雑貨」と記入されて届きます。コスペディアウィッグを販売しているのは「株式会社じゃねっと」なので、クロネコヤマトの宅急便の貼付票の依頼主欄には「株式会社じゃねっと」と記載されています。

自宅に届いて開封するまで外側からコスプレ用のウィッグということは一切わからないようになっているので、親に内緒でコスプレをしている人などコスプレ用のウィッグを購入したことを誰にも知られたくない人はとても助かります。

私もコスプレウィッグを購入したことを知られたくないので、コスペディアウィッグのこういう配慮は嬉しいですね。

ウィッグはチャック付きのビニール袋に空気が入っててふんわりと梱包されてました。

コスペディア_2

試着後はまたこの状態に戻して会場まで持っていけばよさそうな感じです。

段ボール開梱!そしてウィッグのきれいさに感動!

早速届いたウィッグを段ボール箱から出してみました。

コスペディア_3

チャック付きのビニール袋から出してウィッグスタンドに置いただけでこの状態になりました。

特に整えたりしなくてもこんなにきれいな状態で届いたことに感動…!

正直配送のときにセットが崩れてペタンコになってしまうのではないか?と疑ってましたがそんな心配は無用でした。

ウィッグの内側にはコスペディアウィッグのタグがついてます。

コスペディア_4

ウィッグを上側から撮影してみました。つむじ部分に人工皮膚はついてません。

コスペディア_5

しっかりセットされてますがふかしが入っているので、毛量の少ないウィッグにありがちな「ハゲる」ということはありません。ボリュームも自然な印象です。

コスペディア_6

ウィッグの側面を撮影してみました。毛流れがいい感じです。

コスペディア_7

コスペディア_8

このウィッグで特に気に入っているのが後頭部です。

コスペディア_9

襟足に向かってボリュームが少なくなるようにカットされています。

後頭部正面から見るとどのようになっているのかわかりづらいので、斜め下から撮影してみました。

コスペディア_10

いいですねー!後頭部がイケメンです!

自分ではショートウィッグからここまでカット&セットができないので、これは本当にすごいですしありがたいです…!
●今回私が購入したのはこちら:コスペディアウィッグ通販サイト

コスペディアウィッグを購入した経緯

私はウィッグセットが得意ではありません。顔が丸いのがコンプレックスなので、ショートウィッグを選ぶ際はもみあげ部分が長いものを選ぶようにしています。普段はロング系のウィッグが多いのでショートウィッグは特に苦手です。

コスペディアウィッグは価格設定が高くて最低でも6,800円ぐらいします。ほとんどのコスプレイヤーは購入費用を抑えて安く仕上げたいはずです。

⇒関連記事:コスプレデビューにかかる費用をまとめてみた

今回、コスペディアウィッグを購入する前は安いウィッグを買って自力でセットしようと思っていましたが、カット&セットするのに毛量がある程度必要で、そういうウィッグはコスペディアウィッグと同じぐらいの値段がしました。

いろいろ比較してみたところ、少し値段が高めですがセット済みのコスペディアほうがメリットがあると思ったので購入に至りました。

結果は非常に満足です!!価格に見合う価値がありました。

コスペディアウィッグのメリット・デメリット

私が感じたコスペディアウィッグのメリット・デメリットをまとめてみました。

コスペディアウィッグのメリット

  • 注文から発送までが早い
  • 開梱前の段ボールの状態ではコスプレ用ウィッグを頼んだことは誰にもわからない
  • セット済みウィッグなのでウィッグセットが苦手な人は助かる
  • 自分セットする手間や時間がほとんどかからない(かぶるだけ)

コスペディアウィッグのデメリット

  • 価格設定は若干高め
  • ちょっとウィッグがきついかも

コスペディアウィッグの価格設定については、セット済みという付加価値に価格が見合うと思うのであれば、安いと感じる人もいるでしょうから人それぞれの価値観によるでしょう。

それから、ウィッグを試着してみたときにちょっときつめな印象を受けました。

私は地毛が胸下まであるので、ウィッグネットに髪の毛を入れてアジャスターを最大にしてウィッグをかぶっても頭周りが窮屈でした。頭囲が大きめの人や地毛が長い人はちょっと苦労するかもしれません。とりあえず私の場合はきつめですがちゃんとかぶれました。

ほぼすべてのウィッグが頭囲54~60cm対応なので大丈夫かと思いますが。

初めてコスペディアウィッグを利用してセット済みのウィッグを購入してみましたが、想像以上の商品が到着したので満足度は高いです

これからこのウィッグを使う予定があるので楽しみです♪

●今回私が購入したウィッグ通販サイト:コスペディアウィッグ

コスぺディアウィッグ

スポンサーリンク
参考になりましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。