コスプレの引退時期、年齢に決まりはあるの?

管理人はコスプレを始めて約7年経ちました。そろそろ「引退」の二文字が目の前でチラつき始めます。

ある程度年齢を重ねると体力や見た目の衰えがあったり、コスプレから程遠くなる生活環境に置かれることがあります。

コスプレイヤーは年齢や引退時期についてどのように考えているのでしょうか。

スポンサーリンク

コスプレの年齢と引退時期

コスプレする年齢やコスプレの引退時期について論議が度々起きていますが、結論を言うとこの質問には明確な答えはありません

コスプレは趣味なので年齢について周りにあれこれ言われようとも自分の好きなようにやればいいのです。やりはじめる年齢も引退する年齢も個人の自由です。

今のコスプレイヤーの年齢で一番多いのは17~20歳で、年々若年化しています。この現状をどう捉えるのかによると思います。

年齢に引け目を感じるのであれば自分に対して“老いを認めている”ということです。逆にまだまだいけると思うのであれば年齢に関係なく活動できます。たったそれだけの違いではないでしょうか。

コスプレ系マンガの「コンプレックス・エイジ」では主人公が年齢と葛藤しながら大好きなコスプレをしている姿が描かれていて、登場人物の一人が「そもそも歳で趣味を諦めるのって……ちょっと違う気がしますし」と言っています。

確かに年齢で趣味を諦めてしまうのはよくありませんね。いくつになっても何でもチャレンジする精神は大事です。今から始めて早い、遅いなんてことはありません。大抵の人はやろうと思えばできるのにやらないだけです。

しかし、コスプレの場合はそれが難しいことがあります。私の考えとしてはコスプレには年齢の壁があるように感じています。

コスプレで年齢を気にする理由

「コスプレは趣味だから年齢なんて関係ない」と思っている方には申し訳ないのですが、コスプレをするにあたり年齢の壁が生じることがあると私は考えています。

コスプレ引退年齢

コスプレするのに年齢を気にするという一番の理由は「コスプレは見た目が大事な趣味である」ということです。

コスプレイヤーには年齢不詳な方が多いですが、やはりある程度年齢を重ねると肌のコンディションが悪くなり、ほうれい線など見た目の年齢が気になりはじめます。

写真を加工整形して公開するのであれば年齢を隠せますが、実際にあわせなどで若いコスプレイヤーに混じるのにはある程度年齢を重ねてくると抵抗感があるのではないでしょうか。同年代で固まっていれば気にならないかもしれません。

自分の写る写真に耐えられなくなったら年齢による引退もあるでしょう。残念ですが老いた自分を見るのが嫌になるときがある日突然訪れます。衰えを感じる嫌な自分を見てコスプレを楽しめるでしょうか。主観になりますが、私にはそれができないと思うのでコスプレをするにあたり年齢の壁を感じているのです。

ただし、年齢を感じさせないほど見た目が若い方にも会ったことがありますので、すべての人に対して衰えを感じるわけではありません。若くいるよう努力することも大切です。「見られる」ということは意外と若さを保つモチベーションになることもあるのです。

コスプレの引退時期について

コスプレイヤーが引退を考える主な理由をまとめました。引退を考える年齢については上記で書いていますので省略します。

就職活動・受験・結婚・出産・引越しなど生活環境の変化による引退

あるとき、自分ではどうしようもできない生活環境の変化が起こることがあります。この場合はコスプレを続けたくても辞めざるを得ないことがあります。

就職活動や受験は人生の岐路に立たされている状況なので、コスプレは一旦休止することになるでしょう。この場合は落ち着けばわりとコスプレに復帰してくる人が多いです。

結婚や出産をすると家族優先になり、自分の趣味はどうしても後回しになります。使えるお金や時間が限られてきますのでなかなか独身時代のようにイベントに参加することができません。そのまま引退する人がほとんどです。

引越しして生活環境が変わると周りに知り合いのレイヤーがいなくなり、1から人間関係を築く必要性が出てきます。0からのスタートは大変なのでコスプレから足が遠のいてしまう場合があります。

人間関係に嫌気が差して引退

コスプレイヤー同士の人間関係ってかなり複雑だと思います。同じ作品を好きになって意気投合するぶん、反発したときに嫌気が差してその人と繋がりを切りたくてコスプレを辞めてしまうことがあります。あと、物事にルーズな人が多い気がします。金銭トラブルや遅刻は日常茶飯事ということも。

コスプレに対する熱が冷めて引退

好きな作品に対して熱が冷めて、次に熱の入る作品がないときに引退を考えることがあります。コスプレをしているときは毎日生き生きして過ごせたりするものですが、あるときふと「なんで私はコスプレをしているのだろう…」と我に返ることがあります。

⇒関連記事:コスプレを始めると相乗効果で良くなる6つのこと

金銭的な問題で引退

コスプレはとてもお金のかかる趣味です。現在は低価格で衣装を購入できるようになったものの、一式揃えるとなると万単位でお金が消えていきます。コスプレに夢中のときは衣装や小道具にお金をかけるのに抵抗感はありません。

しかし、「そこまでお金を費やすのであれば、何か他のことに使ったほうがいいのではないか?」と疑問に思うようになり貯金や他のことにお金を使い始めるのでコスプレを辞めてしまいます。

⇒関連記事:コスプレでの【金銭的自立】とは

コスプレを始めるのは簡単、辞めるのが難しい

実際に20代後半に差し掛かった私は昔ほど熱が入らなくなり、積極的にイベントに参加しなくなりましたが、年に数回ですがそのときに好きな作品があれば楽しんでいます。

体力や見た目に衰えを感じますし、引越しして生活環境が変わりましたし、結婚して自由に使えるお金や時間が少なくなってしまいました。

周りのコスプレイヤーが自分よりも若い年齢層なのは気が引けてますし、現状ほぼ隠居しているので衣装はかなり処分しました。それでもなかなか辞められないんですよね。「そろそろ辞めよう」と何度も言っていますが、正直辞めどきがわからず、結局戻ってきてしまいます。

趣味の世界って、はまって片足を突っ込むと戻ってこれなくなるんです。過去に一度でも夢中でのめり込んだ趣味を完全に辞めるというのは、勇気が要りますし難しいことです。

コスプレの引退時期や年齢に決まりはありませんが、活動を続けて年齢を重ねるにつれて立ちはだかる壁が出てきます。その壁を乗り越えられなくなったときが辞め時ではないでしょうか。

コスプレを始めるのも辞めるのも、他人が決めるものではなく自分自身で決めるのです。

スポンサーリンク
参考になりましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。