初心者レイヤーが使いやすいコスプレ用一眼レフカメラはこれだ!

コスプレ活動をはじめると、周りには一眼レフカメラを持ったレイヤーがたくさんいることに驚くと思います。

いざ自分で「買おう」と思ったときにどんなカメラを選べばいいのか悩むでしょう。初めて買う一眼レフはどのようなものがいいのか購入のポイントをお教えします。

スポンサーリンク

コスプレイヤーがこぞって一眼レフを購入し持つ理由

カメラ_2

一昔前のコスプレイベントでは一眼レフを持っているのはカメラマンや一部のコスプレイヤーだけだったように思います。それが今ではほとんどのコスプレイヤーが一眼レフを所持していると言っていいでしょう。

イベントに出掛けてみると見渡す限り一人一台の一眼レフカメラを持っているといっても過言ではありません。

コスプレイヤーが一眼レフを好んで使うのは、写真のクオリティを求めているからです。デジカメで撮影した写真と一眼レフで撮影した写真を比べるとやはり違いがよくわかると思います。

一眼レフはレンズ交換が可能で、自分が撮影したい様々なシーンに合わせて使うことができるので表現の幅が広がります。一方でデジカメはシーンに合わせた撮影は可能ですが、単調な写真になりがちです。

コスプレ用一眼レフを購入する場合の予算はいくらぐらい?

一眼レフカメラの価格は5万円ぐらいから100万円以上のものまであります。

良い写真を撮ろうと思うのであればカメラにはある程度お金をかけたほうがいいのですが、一眼レフカメラをまだ触ったことのない方や予算が少ない方は安いものを選んでも大丈夫です。

というのも、カメラは持ち主のセンス次第で安いカメラでも素敵な写真を撮ることができるからです。一方で、高いカメラを選んでもセンスがなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

一眼レフカメラには初級機(価格が約10万円以内)、中級機(主にアマチュアカメラマンが使う)、上級機(主にプロのカメラマンが好んで使う、耐久性が格段に違う)の3つのクラスに分かれます。

この中でコスプレイヤーの所持率が多いのは初級機です。手ごろな価格ながらも趣味で使う一眼レフの機能としては申し分ないので優秀といえます。

コスプレ用一眼レフを買う場合の予算は約5万円程度を見積もっておきましょう

これよりも安く買いたい場合は中古品を購入するしかないのですが、オークションなどで購入する場合は不良品やジャンク品を掴まされることもありますので充分に注意してください。

コスプレ初心者に使ってみてほしい一眼レフカメラはこれ!

Canon(キヤノン)が出しているEOS Kiss(イオスキス)というシリーズで、コスプレだけではなく、初めて一眼レフカメラを持つ人に長年支持されていて、新シリーズが出るたびに改良されているのでどんどん使い勝手がよくなってきています。

初心者でも操作がわかりやすく使いやすいのに、カメラまかせでもきれいな写真を撮ることが可能となっています。

Canon EOS Kiss X7

X7は軽量かつ液晶画面がスマホのように使えると好評ですし、値段の面でもお買得になりました。現在5万円前後で買えるので、お財布事情の厳しいコスプレイヤーにおすすめです。

Canon EOS Kiss X7i

後継機のX7iは液晶画面がバリアングルになり、高いところから撮影したり、地面を這って撮影するときに便利です。コスプレ撮影ではこちらのほうが実用性が高いでしょう。

ただ、どちらも予算的には良いのですが、最新のカメラについているWi-Fi機能がないので、Wi-Fiが欲しいのであればSDカードにWi-Fi機能をつけましょう。

他にもおすすめのカメラが紹介されているサイトがありますので、コスプレ用一眼レフおすすめ5選を確認してみてください。

初めて一眼レフカメラを買うときに参考にすること

初めて一眼レフを購入するときはどんなカメラにしたらいいのか悩むと思います。そんなときは自分が好きなコスプレイヤーの写真を見て、どんなカメラを使っているのか研究してみましょう。

コスプレイヤーズアーカイブでは写真を撮った機種の登録ができるようになっています。憧れのコスプレイヤーがどんなカメラを使って撮っているのか確認できれば、自分の理想のカメラを見つけられるかもしれません。

基本的には一眼レフは一度買うとずっと使い続けるものであるため、最初のカメラ選びは慎重に行うべきです。

写真技術が向上し、予算があればレンズの種類を増やしたり、カメラを買い替えたりすることもあります。

交換レンズについての記事:コスプレイヤーに人気の撮影カメラ交換レンズ3種+厳選3種

最初は標準レンズキットを購入すれば一通り写真が撮れます。

カメラを1台買うと、その周辺機材(レンズ、フィルター、ストロボなど)にもお金がかかってくるので、まずは少しずつ予算の範囲内で集めていきましょう。

スポンサーリンク
参考になりましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。