コスプレカメラマンになるにはどうしたらいい?ルールなど解説

この記事では少し視点を変えて、これからコスプレカメラマンをやってみたい人に向けて書いてみます。

  • コスプレイヤーから見たカメラマンさんはどのような人だと印象がいいの?
  • コスプレイヤーがカメラマンに求めているものは何?
  • どのようなイベントに行けば撮影しやすいの?

わからないことがたくさんあると思いますので、コスプレイヤー目線でカメラマンについて書きました。

スポンサーリンク

コスプレでカメラマンをしている人の呼び方

コスプレカメラマン_2

コスプレでカメラをやっている人のことをいろいろな呼び方でいいます。

  • カメラマンさん
  • カメラさん
  • カメコ
  • カメラ小僧
  • カメコ様

私は「カメラマンさん」と呼んでいるので、このサイトでは「カメラマンさん」と表記しています。

「カメコ」という呼び方はコスプレイヤー自身でカメラをやるときや、カメラマンさんが自分のことををへりくだって言うときに使っているように思います。

「カメラ小僧」というのは「カメラマンさん」に比べて敬意が感じられない言葉のように感じられますが…お察しのとおりです。マナーの悪いカメラマンや気持ち悪い迷惑なカメラマンに対してこういう呼び方をすることがありますね。

⇒参考記事:【注意】コスプレ初心者が狙われる!エロカメコ撃退法!

最近は「カメコ様」という呼ばれ方も見かけるようになりました。

コスプレカメラマンのデビュー方法

これからコスプレ撮影をしたいと思っている人がどうやったら“コスプレカメラマン”になれるか考えてみました。

コスプレイベントに出掛ける

まずは行動しないとスタートもデビューもできません。いきなりの個撮やロケなどはおすすめできないので同人誌即売会など一般人でも気軽に参加できるイベントが行きやすいです。

⇒参考記事:コスプレデビューに最適なイベントとは

コスプレイヤーと同じくデビューしやすい方法はやはり同人誌即売会ですね。

同人誌即売会ではコスプレゾーン内のみでコスプレをすることができ、その範囲内で撮影可能となっています。

行ったのはいいものの、撮りたい対象がコスプレゾーンにいなかった場合は、どうしても手持無沙汰になってしまいます。

そのようなときに同人サークルの販売物などを見てまわって、再びコスプレゾーンに戻ったときには、着替えが終わって出てきている人もいるかもしれませんしね。同人誌即売会は気軽に行けるので最もカメラマンデビューしやすいでしょう。

最近は街中イベントも開催されており、そちらも同人誌即売会同様に初心者にとって敷居が低いため参加しやすいです。

コスプレイヤーとカメラマンさんのみが参加できるイベントもありますが、これは撮影が難しく感じることがあります。

このようなイベントではすでにコスプレイヤー同士で撮り合っていたり、別のカメラマンさんを連れて行動していることが多いので話しかけづらいです。「撮らないで」という雰囲気が出ているときがありますから、知り合いが増えてから参加したほうが良いでしょう。

撮影データを渡す

イベントが終わって家に帰ったら、なるべく早めに撮った写真のデータをコスプレイヤーに送ってみましょう。

ほとんどのコスプレイヤーがコスプレSNSに登録しているので、名刺などを撮影時に忘れずに貰っておきましょう。

コスプレイヤーは写真のデータを渡されるまで、どんな写真を撮られているのかわかりません。腕に自信がなかったときや、うまく撮れなかったときは無理に送らずまた次回頑張ってみましょう。

コスプレイヤーに写真が気に入られたら「また次回お願いします」というチャンスがやってくるかもしれません。

⇒参考記事:コスプレ名刺をパソコンで作成する簡単な方法

コスプレカメラマンの撮影マナー

コスプレカメラマンにも撮影のマナーがあります。

まずは挨拶から

撮影したいコスプレイヤーを見つけたらまずは挨拶をしましょう。「撮らせてください」「今お時間大丈夫ですか」など声を掛けてお願いします。

コスプレイヤーによっては断られる場合もあるかもしれません。声を掛けてみてダメだったらすぐに引き下がりましょう。

しつこく撮影をお願いするのはNGです。また、無断で撮影(盗撮)も当然ながらNGです。

背景に人が入らないように配慮する

写真撮影許可をもらったら、なるべく背景に通行人などの人が入らない場所(壁側など)に移動します。同人誌即売会ではサークル側を写さないなどのルールがあります。

撮影は素早く行う

一人のコスプレイヤーの撮影に時間をかけてはいけません。初対面のカメラマンさんにしつこく写真を撮られるのを嫌うレイヤーは結構います。撮影は素早く手短に済ませるようにしましょう。

撮影した写真を無断でネット上にアップロードしない

ブログなどで自分の撮った写真を載せたい人もいるかもしれませんが、撮影時にネット上へのアップロードが可能か確認と許可を取っておきましょう。

無断アップロードは後々問題になります。本人の知らないところで写真が出回っているのはいい気分ではありません。肖像権などの問題も発生します。

⇒関連記事:初心者が知っておきたいコスプレイベントのルール

こんなカメラマンさんが求められている!

ある程度コミュニケーションが取れる相手が心地いい

写真の技術的な面ではレイヤー同士で撮り合うよりも、カメラに詳しい男性のほうが上のように個人的に感じます。

でも、いくら良い写真を撮ってくれる方でも一緒に行動して居心地の悪いカメラマンにはお願いしたくないものです。

過去に、写真撮影の技術はすごいのに無口なカメラマンさんに出会ったことがあります。いい写真を撮ってもらうのはありがたいのですが、一緒に撮影するとなると気まずかったので、やはり程良くしゃべってくれるカメラマンさんがいいですね。

趣味の世界ですから、気の合う仲間で楽しくやりたいと多くのレイヤーは思っていますし、それはカメラマンさん側も同じだと思います。

それなりに機材にお金をかけているカメラマンさんがいい

最近はコスプレイヤー自身でもしっかりした一眼レフを持って撮影していることが多いので、写真技術を持ったカメラマンさんが重宝されます。

一眼レフは初級機程度だったらコスプレイヤー誰もが持っているといっても過言ではないので、細かい設定をせずにシャッターを押せば撮れる初心者程度の写真は求められていません

カメラの腕やセンスがあり、機材を使いこなせるカメラマンがコスプレイヤーに求められています

コスプレイヤーは衣装やウィッグにお金がかかりますが、カメラマンになるにはカメラとレンズやその他の機材にそれなりのお金がかかることは覚悟しておきましょう。

本音を言うと機材の見た目はかなり重要です。

ゴツいしっかりしたカメラを構えられて撮られることはレイヤーにとって嬉しいことです。スマホやコンデジと違って「撮られている」という意識が大きくなりますからね。しっかりした機材で撮られることはコスプレイヤーの気分が良くなるという心理的メリットがあります。

ただしどんな写真が撮影されているかはコスプレイヤー側は写真のデータをもらうまでわかりません。いい機材を揃えたとしても、あとはあなたの腕次第ということになるでしょう。

コスプレイヤーもある程度カメラについて勉強していてこだわりが強いので、「○○のシーンを再現したいから設定を○○にして撮影してほしい」なんて注文を言うこともしばしばあります。

最初は「野良カメラマン」でも徐々にのし上がる!

野良カメラマンと呼ばれる人はどのようなカメラマンかご存知でしょうか?

言葉通り、特定のコスプレイヤーやグループにくっついて撮影していないカメラマン(=野良)のことで、コスプレイベントのときにあちこちのコスプレイヤーに声をかけて撮影しています。野良ネコとか野良犬のような扱いですね。

このような撮影スタイルのカメラマンを差別したような言い方で野良カメラマンと呼んでいます。気軽でいい反面、コスプレイヤーに同行しているカメラマンと比べてシャッターを切れる回数が少なくなります。

でもコスプレカメラマンデビューしたての最初のうちは野良カメラマンでいいんです!

野良でも活動を続けていくうちに「あなたの写真はいいね」って言ってくれるコスプレイヤーや「イベントに同行して写真を撮ってください」とお誘いがかかることもあるでしょう。

コスプレイヤーに同行するカメラマンになるとコスプレイヤーとしっかり交流ができるようになりますし、写真はかなりの枚数をじっくり撮ることができます。野良カメラマンのときよりコスプレイベントや写真撮影が数倍楽しくなりますよ。

まずは実績を重ねてコツコツ写真撮影をがんばりましょう♪

そもそも、これからコスプレカメラマンをやってみようと考える人の多くは、もとからカメラが趣味だったりしますよね。コスプレ撮影は一般的なポートレート撮影よりも奥が深いので、やっていくうちに楽しくなってくるでしょう。

スポンサーリンク
参考になりましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。