コスプレイベントにぼっち参加するときの写真撮影方法

コスプレをはじめたばかりだと、知り合いが少なかったりいなかったりすることがあるので、どうしてもコスプレイベントへ一人(ぼっち)で行くことになります。

⇒関連記事:コスプレイベントは一人(ぼっち)参加でも平気?

一人でコスプレイベントに行くと写真が残らなかった…ということがありますので、そうならないように対策する方法を書きました。

スポンサーリンク

コスプレ写真撮影は一人でイベントに行ったときは難しい

ぼっち撮影_2
コスプレ写真を一人で撮る方法もありますが(後程説明します)、基本的には撮ってくれる人とコスプレイヤーがいて写真を残すことができます。

コスプレイヤーズアーカイブなどに自分の写真をアップロードしようと思っても、写真が残っていなければサイト内で見てもらうことができません。ぼっち参加時に写真を残す方法をまとめてみました。

声を掛けられたら便乗してお願いする

おそらくこの方法が一番有用だと思います。一人で参加するときには自分のカメラを持っていきます。コスプレイベントへ自分のカメラを持っていかない人はよほどの限りいないとは思いますが…。

「撮らせてください」と他のレイヤーやカメラマンさんから声を掛けられたときに「私のカメラでも撮ってもらえませんか?」と勇気を出してお願いしてみましょう

私はこの方法で断られたことはありません。

⇒関連記事:初心者レイヤーが使いやすいコスプレ用一眼レフカメラはこれ!

写真データをもらえるようお願いする

これは少し難易度が上がりますが、写真を撮ってもらって名刺交換をした場合は相手のことがわかるはずです。「迷惑でなければいつでもいいので写真のデータをもらえないでしょうか?」とお願いします。

私はわりと長くコスプレをしていますが、データをくれる人やサイトを持っている人はほとんどの確率で名刺をくれています。

逆に写真をくれない人は名刺交換をせずに写真だけ撮って去っていくことが多いです。

あくまでもお願いしてデータをもらう側なので強要したり早く送ってほしいからと急かしてはいけません。確実に貰える保証はないです。

一人でイベント参加したときはどうしても写真が残りづらくなってしまいます。周りに知り合いがいない、撮ってもらうようお願いする声も掛けづらい…となって結局写真が残らないことがよくあります。

私はぼっち参加が多いコスプレイヤーですが、最初から自分の写真は諦めて参加することが多いですね。写真を撮ってもらえて後日データを送ってくれる人がいればラッキーです。

コスプレ写真を一人で撮る方法

あまりこの方法はおすすめしないのですが、「どうしても写真を撮ってくれる人がいない!」「周りからどう思われてもいい!」と思える勇者がいればやってみてください。

さすがに私は周りの目が気になる(ナルシストと思われそう…)なのでやりませんが、コスプレイベントのスタッフをしていると、自分で自分を撮影している人を今までに見たことがあります。

しかもなかなかクオリティがすごくて自分で撮影したとは思えないほどでした。

三脚を用意する

カメラを安定させるために三脚を用意します。三脚にカメラをセットしたらセルフタイマーで撮影します。

最初はうまくいかないかもしれませんが、レンズを覗いて自分のイメージする写真が撮れるように努力してみましょう。

カメラリモコンを利用する

一眼レフの別売りでカメラ用のリモコンが販売されています。カメラのリモコンは上のセルフタイマーの方法に比べて自分で好きなタイミングで写真を撮ることができ、一度立ち位置を決めればずっとその場所で撮り続ける事ができます。

セルフタイマーの場合はタイマー撮影が終了したら三脚にセットしたカメラの位置まで戻らないと次の写真が撮れませんよね。リモコンがあれば無線でシャッターが切れるので便利です。

スポンサーリンク
参考になりましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。