コスプレテーピングのコツ・やり方・方法【小顔・ツリ目メイク】

コスプレメイクの手法でテーピングというものがあります。

以前、コスプレメイクは目元が重要という内容を「初心者にやさしいコスプレメイク法と買っておきたいメイク道具」で書きました。

メイクでツリ目やタレ目に見せることは可能ですが、やはり本格的にやるのであればテーピングについて知っておいたほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

テーピングのメイク法と効果

テーピングとはテープを使って顔の皮膚をリフトアップさせることです。テーピングをすると皮膚が引っ張られるので小顔やツリ目を作り、ほうれい線を消すことができます

顔の大きさで悩んでいるコスプレイヤーやツリ目キャラのメイクをしたい時に役立つメイク法です。

私はこのようなテープを使っています。もとは二重幅を広げるメイクに使うために購入したのですが、意外と丈夫なのに手で切れて使いやすいところが気に入ってテーピングでも使っています。

DSC_0464_2

テーピングに使うのは包帯を巻いたときに端を止めるテープです。もっと詳しくいうとサージカルテープと呼ばれる医療用のテープです。

肌色のもの、透明なもの、幅が広いもの、伸縮性のあるものなど様々なものが売られていますので、自分の肌に合う使いやすいテープを探してみましょう。

価格は100~500円程度で買えるので、まずは試しに使ってみるという方は100円ショップで購入することもできます。

更衣室で見ていると肌色の幅広テープを使っている方が多いですね。

↓更衣室でよく見る肌色布タイプのサージカルテープ

私のテーピング方法(写真付き)

私はこんな感じでテーピングをします。
DSC_0467

私のやり方だと「こんなんじゃダメだよ!」と言われそうです(汗)

更衣室で他の人を見ているともっとガッツリやってるので、私のテーピングは参考にならないかもしれません・・・。

私は細く短いテープを何本も使ってウィッグネットにピンを差して固定する方法でテーピングをしていますが、幅の広いテープのほうが使い勝手がいいかもしれませんね。

テープによってはかぶれの原因になるので、肌と相性の良いものを探しましょう。

他の方法としては1つにつながったテープで、こめかみから反対側のこめかみまで頭上を半周して引っ張っている方も見かけました。

どこを引っ張りたいか、どんな顔になりたいかでテーピングの方法は変わりますので、各人それぞれ貼り方の研究が必要ですね。

 テーピングの注意点・デメリット

皮膚が弱い人は要注意です。

長時間貼ると皮膚がかぶれる症状が出ることがありますので、充分注意して無理がないようにしてください。最近は皮膚まで剥がしてしまって痛い思いをしている人が増えています

テーピングをしている最中に気分が悪くなる人もいます。私は長時間すると頭痛がするのでテーピングはあまりきつくせず軽めにやってます…。

初めてテーピングをやるときは、様子を見ながら行いましょう。

それから、テーピングは汗や皮脂に弱いです。

テープを貼る部分に化粧や汗などが付いている場合は、あらかじめ落としてからテープを貼ったほうが長持ちします。夏場の炎天下での撮影など、大量に汗をかきやすい環境で使うのには向いていません。

テープはどうしても角の部分から剥がれてしまいますので、手間や面倒を惜しまないのであれば角を丸く切る処理をして使ってみると長持ちするという情報もあります。つけまつげ用ののりではがれにくくしている方もいるようです。

あとは、テーピングする部分の化粧や皮脂を落としておいたり、産毛を剃っておくなどテープを貼る前に準備しておくと良いです。

テーピングの便利グッズ

テーピングがうまくできない人におすすめのグッズがあります。

瞬間リフトアップという商品で、本来の目的はちょっと年上の女性達が年齢によるシワやたるみを伸ばして若返りに使うものです。

この商品は従来コスプレで使っていたテーピングよりも簡単で即効性があるので、コスプレメイクに応用して使えます。

これまでテーピングがうまくできなかった人でも、地毛にひっかけて吊り上げれば小顔やツリ目のメイクができるようになります。瞬間リフトアップを使って上からウィッグネットをかぶります。

アシストウィッグからもコスプレ用のテーピングが出ています。こちらは割高ですがコスプレ用に作られているので使いやすいと評判です。

アシスト公式 ⇒ リフトアップテープ(コスプレ用テーピング) 1,080円:送料5,400円以上無料

こちらでも買えます:アイトルテリフトアップテープ(コスプレ用テーピング) 1,080円:送料3,500円以上無料

最初のうちは上手くできないかもしれません。何度か練習をしてみましょう。

テーピングをしても顔が変わらないという方は、テープを貼る前に指で顔を引っ張ってみてどこをテーピングすれば顔が変わるのか研究してみましょう。

スポンサーリンク
参考になりましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。