男性の女装コスプレの準備と心構え【何したらいいの?】

コスプレイヤーは圧倒的に女性が多いです。その中で男性がコスプレデビューするというのはかなり勇気がいることかもしれません。

友人の男性コスプレイヤーに聞いた悩みなどを含めて、男性の女装コスプレの準備方法をお教えしたいと思います。

スポンサーリンク

男性レイヤーは肩身が狭い

コスプレイヤーのほとんどが女性というなかで、男性コスプレイヤーはとにかく貴重な存在です。

ただ、よく聞くのが「男は肩身が狭い」ということです。

女装レイヤー_2

更衣室が狭い

男性コスプレイヤーの更衣室は簡易的に作られていることがよくあります。

女性の更衣室に比べて狭くて「なんでこんな場所なの?」と言いたくなるようなことがよくあります。

声をかけるとナンパだと思われて警戒される

女性コスプレイヤーに話しかけると、写真を断られることもあるらしいです。

女同士で話しかけるときは写真を断られることはあまりないのですが、やはり男性コスプレイヤーは警戒されているのでしょう。

酷いときには「ナンパレイヤー」呼ばわりされるときもあります。実際に悪い人も紛れてますからね…。そういう一部の人がいるから純粋にコスプレを楽しみたい男性レイヤーがなかなか増えないのかもしれません。

⇒関連記事:【注意】初心者コスプレイヤーが狙われる!エロカメコ撃退法!

声をかけてもらえない

これも結構あるようです。女は極端なのでクオリティの高い美形な男性コスプレイヤーか話題性のあるコスプレでないと興味がないようです。興味があるのは3次元より2次元ですから…(ゴホゴホ)。

今のコスプレ界では生まれつき美形か自分からどんどん行って楽しめる心の強い男性しかコスプレを楽しめないのかなぁ…と感じます。

女性のコスプレデビューに比べて男性のコスプレデビューはハードルが高いです。

⇒関連記事:コスプレデビューに最適なイベントとは

男性コスプレイヤー同士の格差?

顔がきれいな男性コスプレイヤーだと、ちょっとした有名人になることもあります。そういう人は男装は当然ながらかっこいいのに女装をしても女より美しい…なんていうことがあります。

はっきり言うと、そのようなそこそこ美形でコミュニケーション能力の高いの男性レイヤーはモテます。実際に私の周りでもコスプレイヤー同士で結婚した人たちが複数いる一方で、三角関係が起きていて人間関係が複雑になったりしているんですよね。

そうでない普通の男性コスプレイヤーは人一倍努力されています。別に普段から女装が趣味というわけではありませんし、ホモでもありませんが、やりたいキャラのためにメイクなど研究熱心な人が多いです。

ただし、男性の女装コスプレは一歩間違うと目も当てられない(相手にされない)ぐらい悲惨なものになります。

男性の女装コスプレで気をつけたいこと

男性が男性コスプレをするのには何の問題もありません。女性が男性のコスプレをするのにも何の問題もありません。

それなのに男性が女性のコスプレをするのには問題があるのです

コスプレ会場には男性の女装を禁止しているところがある

一番気を付けてもらいたいのが、会場によっては男性の女装を禁止している場所があるということです。

差別だとかいろいろ言われていますが、コスプレをしている大半の女性が男性の女装コスプレに不快感があるのでこのような措置がとられているのかもしれません。

やはり男性の女装コスプレはカバーしきれない不自然さが目に余るという声が少なからずあります。

女装が禁止されている会場は公共の場(公園や街中イベント)であることが多いです。これは一般人の目に触れてしまうことがあるためです。

コスプレはまだ一般人には理解されにくいうえ、女装となればクレームが来るかもしれません。

⇒関連記事:コスプレをする目的ってなに?周囲に理解されない趣味を続ける理由

たった一つのクレームでその会場が使えなくなることだってあるのであるのです。私たちは会場を借りている側なのでそこは我慢するしかないのです。

女装するつもりでコスプレ会場を選ぶ場合は、男性の女装コスプレを禁止していないかまず確認しましょう。

ムダ毛の処理を徹底的にする

男性のムダ毛を苦手に思っている女性は一定数います。普段の生活で全身ツルツルの男性は逆にびっくりしますが、女装コスプレのときは別です。

スカートからスネ毛が見える男性の女装コスプレには目も当てられません…。最低限の処理をしておきましょう。

友人の男性コスプレイヤーは、女装をするためのムダ毛処理に当日朝からかなり時間をかけているようです。女性に比べて毛の量が多い・濃いですし、ムダ毛処理が大変なお気持ち察します。

ヒゲの処理にも苦労しているようです。もともとヒゲが少ない男性は抜いたりしているようですが(肌が荒れますので注意が必要です)、濃いと化粧でも隠しきれないようです。シェーバーをよく剃れるものに買い替えたり、加工でごまかしたりしています。

有名な男性コスプレイヤーは、ヒゲをエステ脱毛していると日記で書いてました。きれいに見せるために努力しています。

好きなキャラを平等に好きなだけ楽しめればいいと思う

コスプレは本来好きなキャラになりきるものであるので、好きなキャラを男女分け隔てなくできるのが理想です。

⇒関連記事:“どんなキャラが似合うか”よりも“やりたいコスプレ”をやる

しかしながら、主催者の考えだったり、借りる会場側で「過去に苦情があった」などの理由で男性の女装は禁止されているところがあるのが現状です。

特に一般人との共有撮影場所があるイベントでは男性の女装を禁止しているところが多いのです。

男性の女装コスプレに対する理解は今後もなかなか得られないのかもしれません。

スポンサーリンク
参考になりましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。