初心者レイヤーが使いやすいコスプレ用一眼カメラはこれだ!

シェアする

カメラ_2

コスプレ活動をはじめると、周りには一眼カメラ(この記事ではレフ機やミラーレス機を指します)を持ったレイヤーがたくさんいることに驚くと思います。

今手元にあるスマホやiPhoneでも十分きれいですが、もっと高画質でくっきりした写真を撮りたいですし残したいですよね。

いざ自分で「買おう」と思ったときにどんなカメラを選べばいいのか悩むでしょう。

初めて買う一眼レフはどのようなものがいいのか購入のポイントをお教えします。

スポンサーリンク

高クオリティなコスプレイヤーたちがこぞって一眼レフを購入し持つ理由

一昔前のコスプレイベントではカメラを持っているのはカメラマンや一部のコスプレイヤーだけだったように思います。

それが今ではほとんどのコスプレイヤーがカメラを所持していると言っていいでしょう。

スマホだったり、一眼レフだったり、ミラーレスだったり。

スマホはシャッターを押すだけで自動的にそのシーンに合った撮影ができますが、単調な写真になりがちです。

コスプレイヤーが一眼カメラを好んで使うのは、写真のクオリティを求めているからです。デジカメで撮影した写真と一眼レフで撮影した写真を比べるとやはり違いがよくわかると思います。

一眼レフはレンズ交換が可能で、自分が撮影したい様々なシーンに合わせて使うことができるので表現の幅が広がります。

ロケ―ション重視のイベントに出掛けてみると見渡す限り一人一台の一眼レフカメラを持っているといっても過言ではありません。

街中イベントや初心者向けのイベントでは仲間でワイワイするのにスマホ撮影がいいでしょう。

コスプレ用一眼レフを購入する場合の予算はいくらぐらい?

一眼カメラの価格は5万円ぐらいから100万円以上のものまであります。

良い写真を撮ろうと思うのであればカメラにはある程度お金をかけたほうがいいのですが、一眼カメラをまだ触ったことのない方や予算が少ない方は安いものを選んでも大丈夫です。

というのも、カメラは持ち主のセンス次第で安いカメラでも素敵な写真を撮ることができるからです。

一方で、高いカメラを選んでもセンスがなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

一眼カメラには初級機(価格が約10万円以内)、中級機(主にアマチュアカメラマンが使う)、上級機(主にプロのカメラマンが好んで使う、耐久性が格段に違う)の3つのクラスに分かれます。

この中でコスプレイヤーの所持率が多いのは初級機です。

手ごろな価格ながらも趣味で使う一眼カメラの機能としては申し分ないので優秀といえます。

コスプレ用一眼カメラを買う場合の予算は約7万円程度を見積もっておきましょう

これよりも安く買いたい場合は中古品を購入するしかないのですが、オークションやフリマなどで購入する場合は不良品やジャンク品を掴まされることもありますので注意してくださいね。

カメラ以外にも予備バッテリーやカメラフィルター、メモリーカードなどを買うためのお金がかかります。

コスプレ初心者に使ってみてほしい一眼カメラはこれ!

Canon(キヤノン)が出しているEOS Kiss(イオスキス)というシリーズで、コスプレだけではなく、初めて一眼レフカメラを持つ人に長年支持されていて、新シリーズが出るたびに改良されているのでどんどん使い勝手がよくなってきています。

初心者でも操作がわかりやすく使いやすいのに、カメラまかせでもきれいな写真を撮ることが可能となっています。

Canon EOS Kiss M

Canon EOS Kissのミラーレス機最新モデルです。一眼レフで人気のkissシリーズが満を持してミラーレス化。軽くて小さいので、荷物の多いコスプレイヤーでもカバンに入れていつでもパシャパシャ撮れます。

Canon EOS Kiss X9

Canon EOS Kissのレフ機最新モデルです。交換レンズの種類が多いため、撮影の幅が広がります。価格が落ち着いてきたので手に入れやすくてオススメです。

他にもおすすめのカメラが紹介されているサイトがありますので、コスプレ用一眼レフおすすめ5選を確認してみてください。

初めて一眼レフカメラを買うときに参考にすること

初めて一眼レフを購入するときはどんなカメラにしたらいいのか悩みますよね。

そんなときは、自分が好きなコスプレイヤーの写真を見てどんなカメラを使っているのか研究してみましょう。

コスプレイヤーズアーカイブでは写真を撮った機種の登録ができるようになっています。

憧れのコスプレイヤーがどんなカメラを使って撮っているのか確認できれば、自分の理想のカメラを見つけられるかもしれません。

基本的には一眼レフは一度買うと数年~数十年使い続けるものになるため、最初のカメラ選びは慎重に行うべきです。

写真技術が向上し、予算があればレンズの種類を増やしたり、カメラを買い替えたりすることもあります。

交換レンズについての記事:コスプレイヤーに人気の撮影カメラ交換レンズ3種+厳選3種

最初は標準レンズキットを購入すればひととおり写真を撮れます。

カメラを1台買うと、その周辺機材(レンズ、フィルター、ストロボなど)にもお金がかかってくるので、まずは予算の範囲内で少しずつ集めていきましょう。