「完コス」とは?意味や解釈について

最近のコスプレは昔と大きく変わってクオリティが求められる時代になったように思います。

コスプレ本来の目的は“好きなキャラになりきって楽しむもの”ですが、現実ではノーメイクだったり地毛だったり、キャラとは似ても似つかない体型だったりすると見向きもされないことがあります

衣装やメイクをばっちり再現していることを“完コス”といいますが、そもそも完コスの意味や解釈はどのようなものでしょうか。

スポンサーリンク

どこまでやれば“完コス”というのだろうか

完コス

初めてコスプレをする場合、“完コス以外お断り”という言葉を目にしたり、聞いたりするかもしれません。「完コスってなに?」って思いますよね。

完璧なコスプレ?完全なコスプレ?完成したコスプレ?

実は“完コス”の語源は明らかになってませんし、定義も曖昧なのです。だから、“完璧なコスプレ”かもしれませんし“完全なコスプレ”いや“完成したコスプレ”かもしれません。

でも大体の意味はなんとなく誰でも解釈できると思います。

そのなんとなく解釈されている“完コス”の定義が人によって違うので問題が発生するのです。

  • 瞳の色を再現するためのカラコンを入れていない⇒完コスではない
  • ウィッグの色味やセットが若干違う⇒完コスではない
  • ノーメイク・化粧が薄い⇒完コスではない
  • 衣装パーツが不足している・つけ方が間違っている⇒完コスではない
  • そのキャラはそんなに太ってない、体型がそもそも違う⇒完コスではない

これらは完コスについて割とよく指摘される点です。

コスプレで細部までこだわっている人から見ると、少しでも欠けていたり間違いがあると“完コスではない”という扱いになります。

完コス派の人から見れば、カラコン入れない・ノーメイク・ぽっちゃり・衣装やウィッグに違和感を感じる低クオリティな人は許せないものです(以前の私がそうでした)。

⇒参考:コスプレメイクは濃いほうがよいのか?
⇒参考:コスプレにはカラコン必須!?ただし購入は自己責任で

自分が本気でコスプレやっているので当然ながら相手にも完コスを求めます。

今はそんなこと思わなくなったんですが、メイクができてなかったり、太ったコスプレイヤーを見かけると「甘えてんじゃねえぞ、本気でコスプレやれよ」なんて思っていました。(今思うと何様ですか?って感じですけどね、すみません。体質で難しい人は無理しないでください。)

ウィッグを買えないから地毛にするとか、コスプレに対して妥協することが昔の私は許せなかったんです。完コス思考の人はこのような気持ちが強いのだと思います。

ここまでやれば誰も文句の言えない“完コス”になる

私が今思う完コスとは“キャラに近づく努力を最大限する”ことですね。

例えば、既製品の衣装を買ったままの状態で着たり、ウィッグをセットしていなかったり絡まっていたりすれば台無しです。

こういうコスプレイヤーを“着ただけ”っていいます。作られた衣装はどこか気に入らなかったりしてませんか?ウィッグのセット(カットしたりワックスを塗ったり、静電気防止して絡みにくくすること)はやってますか?初心者には“着ただけ”の状態がありがちです。

キャラに近づくためにダイエットやメイクの練習を頑張ったり、衣装を改造したりすることはほとんどのコスプレイヤーがしていることですが、自分が「もっとこうしたい」と向上心を持って試行錯誤を繰り返すとだんだんキャラに近づく喜びを感じられると思います。

⇒参考:初心者にやさしいコスプレメイク法と買っておきたいメイク道具

自分から見ても他人から見ても“完コス”の状態って難しいです。

自分にとって一切妥協していないキャラ作りができれば“完コス”といえるのではないでしょうか。

あなたのコスプレ、それで満足ですか?まだ改善できるところはたくさんあるのではないでしょうか。

初めて出したコスプレで完コスになることはありません。何度も何度も失敗を重ねるのは普通のことです。

スポンサーリンク
参考になりましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。